スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『君と見る千の夢』観劇レポ・・・05

アラシックな皆様こんばんは♪

まっきぃでございます。


どうやら我が町札幌では『さっぽろ大つけ麺博』なるものを期間限定で今日から開催しているようです。

大通公園で、全国(かな?)のつけ麺が一堂に会し食べ比べ出来るらしく。

フンガー♪(←お腹空いた)

食べたい。

私はラーメンに関してはおそらく食べなくても生きていけるくらいにしか愛していませんが、たまに食べたくなる時ってのがあるんです。

今がまさにそれ。

でも私はラーメンを食べるとお腹を壊す・・・

脂っこいものをイッキに食べると下すんです。

トホホ。意外とナイーブな私です。

良かった、嵐は「好きなのに体が受け付けない」パターンじゃなくて


そんな話はさておき、今日は、少しずつ書きためておいた『君夢』観劇レポの続きをUPいたします。

今さらナンのこっちゃ?な方、申し訳ありませんがスルーしてくださいませ。

備忘録でございます。


~ご注意ください~

以下は、【『君と見る千の夢』観劇レポ・・・04】の続きです。

未読の方は前エントリーを読んでからどうぞ♪

▼続き

またシーンが変わって、春也の実家・履物屋へ。

居間でしょうか?

春也の母のエプロンを着けた美智子と花が洗濯物をたたんでいるくらいだから、時間設定は夕方かしら。

暖かい家庭の雰囲気が羨ましく喜んでいるテイの美智子と、お姉さんが出来て嬉しそうな花。

そこに父が帰宅。手には酒瓶を持っていたんだったかしら?(うろ覚え)

美智子 :あの・・・不束者ですが、どうぞよろしくお願いします。
善二  :・・・・、あんた、老人ホームで仕事してるんだって? よくそんな仕事が出来るな。

ぶっきらぼうで不躾とも取れる善二の物言いに、自分の仕事を否定されたのかと、焦る美智子。

すると、

善二  :あんたに春也はもったいない。
美智子 :・・・(呆然とする)

そう言って去っていく善二。

会話を見守っていた傍らの花がぷっと吹き出して、

花   :ああもう、あれはね、お兄ちゃんにはもったいないって言ってるの。だから、あなたのことはオッケー!みたいな?
美智子 :え?

花   :・・・お兄ちゃんとお父さん、ずっと折り合いが悪いの。お父さん、お兄ちゃんがピアノをやめて帰ってきた事を今も許してないのよ。
美智子 :ピアノ?

花   :やっぱり聞いてなかったのね。うちのお兄ちゃん、凄かったんだよ。ちょっとした有名人で・・・。

ここで過去のスクラップブックを持ってきて美智子に見せる花。

国際的なコンクールでも入賞するほどの実力を持っていた春也にびっくりする美智子。

春也が小さい頃、その才能を見いだしたのは春也の母だったと知る。



シーン変わって、夏の夜の公園。

美智子が春也にピアニストを目指していたという事を切り出す。

美智子 :花ちゃんから聞いたんだけど、春也はピアノやってて凄かったんだって? ねぇ、何でピアノをやめたの?
春也  :いつからか、プログラムされたロボットみたいにしか弾けなくなって・・・コンクールに優勝するために、そればっかで頭がいっぱいになっちゃって。 技術ばかりを教えられて、テクニックだけのピアノが嫌になったんだよ。

身振り手振り、苦悩しながら辛そうに過去を語る春也。

自分のことを卑下して説明する姿がとても痛々しく、台詞回しが凄く自然で、本当に相葉ちゃんて演技上手くなったなぁ・・・と感心しきりのシーンでございます。

美智子 :じゃあ、春也の夢って何なの?
春也  :俺には今は夢はないよ・・・・・。みっちゃんの夢は何なの?
美智子 :えっと、

と言ってまた例の付箋が貼られたノートを取り出す美智子。

(またか!)と観客の誰もがそう思ったことでしょう♪

美智子 :----立派な人になる!!(←宣言する感じで)
春也  :大きく出たね~(笑)

美智子 :私は政治家になるのが夢なの。そして、いろんな社会の矛盾を正したいの。 国会議員になって、政治家のスキャンダルに巻き込まれて、ゆくは国会議員を辞めて、家族のために生きるの!!

春也  :本当にすごい空想力だね。俺にはそんな想像力はないよ(笑)

悲しそうに、優しく笑う春也。

美智子 :何でもいいの。旅行したいとか、あれを見たいとか。 ××(地名)のカレーを食べに行くのでもいいし、温泉に行くもいいし、買い物してウィンドーショッピングや、家具を観に行ったり、北海道に行くのでもいいし♪

春也  :いいね、全部やろう。 ・・・俺は、漫画喫茶に行きたいな!『ジョジョ』を全巻読んでやる!(笑)
美智子 :うふふふふ♪

春也  :あと、シカゴ!!
美智子 :シカゴ?

春也  :そう、シカゴ! シカゴ交響楽団。ムーティーの指揮。一度、シカゴに行って生の演奏が聴きたいんだ。××(人名)っていうピアニストが凄くいいんだよ。
美智子 :うん、シカゴね♪

ノートにメモる美智子。

ここでようやくハッと気付く春也。

春也  :あ、なし!シカゴはなし! 今のは忘れて!!
美智子 :どうして?いいじゃない、行きましょうシカゴ。
春也  :いいんだ!!
美智子 :でも・・・。

気まずくなり、話題転換をする春也。

春也  :ところで、みっちゃんのお母さんはどんな人だったの?

すると、途端に美智子の顔が曇る。

美智子 :私の母のことはいいの。あの人は私を捨てたんだから・・・。 他に好きな男の人ができて、私が幼い頃に家を出て行ったのよ。しかも、その男の人も家庭があって。・・・・みんなを不幸にして、迷惑かけて。近所の人からもいろんなことを言われたわ。

春也  :・・・・会いたいって思わないの?
美智子 :会いたくない。会いたいなんて思わない。

朗らかな性格の美智子が、唯一頑なに拒否している母の存在。

お互い抱えた心の傷は大きい・・

春也もそれ以上言い出せず、暗転。

☆ ☆

【『君と見る千の夢』観劇レポ・・・06】へ続く。
(すみません、現時点で未完です。2011.4.17)

Comment

Comment Form
公開設定

*パスワードを入力しておくとあとで編集できます。

*非公開コメントで投稿される方へ
まっきぃよりコメント返信する際にお名前を出しても良い方は、お手数ですがコメントの都度その旨をお書きください。特に記載がない場合は、コメント通しNo.宛で返信いたします。


カウンター


現在の閲覧者数:
プロフィール

まっきぃ

Author:まっきぃ

いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
ゴコイチ嵐と大野くんが大好きな
まっきぃと申します。

初めての方は【こちら】をどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
お友達ブログ
ARASHI PEOPLE
リンク
お世話になってる素材屋さん。
レゴアラシのバナー2
05A4(れごあらし)


web*citronのバナー
web*citron


*NotPのバナー
Night on the Planet


mizutamaのバナー
mizutama
マナーについて
初めての人も、ベテランさんも。
みんなが気持ちよく参加するために。
嵐すごろくのRSS
携帯サイトはこちら
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。