スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『図書館戦争』 ちょろっと感想

ハイどうも~~~、まっきぃでございます。

予告通り、今宵は映画『図書館戦争』の感想をば。



☆ご注意ください☆

以下、実写化した今回の劇場版ならびに原作小説の内容について触れます。
まだ見ていない方、ネタバレしたくない方はスルーしてくださいね。

▼続き



頭ポムッ・・・の、あのラストシーン。

 郁「えっ・・・」
 堂上「・・・ん?」

「ん?」じゃねぇし!!!!

堂上教官の、首を傾げつつスイートさ丸出しの「ん?」に全力で舌打ちだし!!!!

くっそう、

可愛い!!!!

劇場版スタッフぅ~~~、連作として続投する気、満々じゃねぇか!!!!

郁は王子様の正体に気づいたんですね。

なんという寸止め!!

続きを見せろ!!!!と鼻息荒く終わりましたわ。

くぅぅぅぅぅぅぅぅぅ





こちらの作品、アラシックにはお馴染みの『フリーター、家を買う。』の原作者、有川浩さん著なのですね。

無知な私めは、つい最近まで作者が女性だと言う事も存じておりませんでした。

映画化自体にも失礼ながらまったく興味がなくて、岡田君が番宣でTV番組に出始めた当初も「ふ~ん。」くらいのノリでおりました。

ら。

恐るべし番宣効果と言うのでしょうか・・・(笑)、なんとな~くその岡田君を見ているうちに「もしやこの映画は面白いのか・・・?」と思い始めてきて。

Twitterでフォロワー様達に「めっちゃ萌えますよ!」「どMにはたまらないですよ!」とオススメされたのも手伝って、私のどM魂に火が付いた・・・・ゴホゴホッ、ええい試しにと原作小説1巻を手にしてみたところ・・・

面白くて全6巻を約5日間で読了。

イッキ読みした爽快感たるや。

「読書の自由を守る」ために銃器を持って戦うという一見ありえない設定なのに、不思議とグイグイ引き込まれてしまう世界観。

妙にリアルでキャラ立ちした登場人物達が魅力的すぎて、好きすぎて。

ツンデレ最高!!!!

堂上教官最高!!!!

と・熱くコブシを握りしめ、さぁて劇場版はどうかな?と、にわかのくせに、うきうき楽しみ超で臨んだ本作でありました。


すると、ま~~~、劇場版は劇場版で素晴らしかった!

脚本がとてもイイ!!

稲嶺司令が居なくて話がどう成り立つのか・・・これって肝な部分だと思うんですけれど、オリジナルキャラクターとして補填のように登場していた仁科司令がすんなりハマってました。

原作の忠実さを損なわず前半はキャラをイキイキと描いて、後半はほぼオリジナルストーリーとして組み立てた小田原・情報歴史図書館襲撃のくだり。

いや~~~、アッパレ!!という感じ。

「おいおい、そりゃねぇだろうよ!」という不快な点が一個もなかった!!

くぅ~っ!!!!



この作品の魅力ってとっても不思議で、たかが本のためになんで争うのか?と疑問に思う点で。

実際、私めも未だに「なんで?」と思っているのですが(おい)、そんな人でも冒頭の「日野の悪夢」回想シーンは鳥肌が立つほどの恐怖でした。

親しみ慣れた本が、火炎放射器で焼かれるという、非日常さ。

銃器で傷つき殺される人々。

本を守る、つまり思想の自由を守る事に命を賭けている世界があまりにも非現実的なのに、「もしかしたらこういう社会もあり得るかもしれないんだ・・・」と思わせるちょっとしたところが、なんでか引き込まれるんですよね。

私自身は本が大好きなのもあって、もし読みたいモノが読めなくなる世界だとしたら?・・・と思うと、主人公の郁にめちゃくちゃ共感してしまうし。

ありえねー!!

と思う一方、

わかるー!!

っちゅ~、フィクションとリアルのボーダーラインが凄く上手なんだと思います。有川先生。




なーーーーーんて、にわかファンによる批評なんてどうでもいいッスよね!!

わかってます!!

ジャニヲタならジャニヲタらしく、萌えたトコロをピックアップして参ります。

ウッス!!



いやァ・・・

岡田君て・・・


素晴らしく格好イイですね・・・!!!!



V6のデビュー時、僭越ながらそっと見守っていた、あのほんわか坊ちゃんが・・・

いつの間にやら頼もしく、凛々しく、たくましくなってらっしゃる。

何?

あの丸っこい背すじ。

猫背なの?!

筋肉なの?!

背筋(はいきん)なんですね!!!!

了解です!!(敬礼)

くぅ~、肩から肩胛骨(けんこうこつ)にかけての上半身の厚みたるや!!

腕もなんて太いの!!

岡田君のアクションは凄い、凄いと噂には聞いておりましたが、想像以上で。

劇場版のラストのほうの戦闘シーン、とりわけナイフ出してくる奴との肉弾戦の迫力といったらなかった。

CGでもあるまいに、速すぎて見えない。

何が起きてるんだ!!

わからんけど格好イイ!!

あっ、あれ、あびせ蹴りって言うんだ?!

(劇場版パンフ見た)

リモコンを寄越せー!!

(訳:巻き戻しコマ送り再生をしたいの意)


劇場版の後半は戦闘シーンがほとんどです。

延々とアクションです。

なのに飽きる事なくハラハラし通しだったのは、岡田君の身体能力と見せ方の巧さ、これに尽きるんでしょうね。

否、佐藤監督が素晴らしいのもモチロンの事・・・

まるで『GANTZ』を見ているような錯覚すらありましたね。

なんかひたすらスゲー!!ってなりましたもん(笑)。

原作を知っているのに、堂上教官は殺(や)られないとわかっているのに、手に汗握りました。

いやぁ、格闘を師範級まで極めてらっしゃると画面に凄味が出て、そんじょそこらのアクションと全然違うって事がわかりましたよ・・・

岡田君ありきの作品でございますね。




でもって、

楽しみすぎて期待が膨らみに膨らんでいた、ツンデレシーンの数々・・・



教官ったら・・・

戦闘訓練であんなに郁をしごいてたのに・・・


頭、パコーンとファイルで叩いていたのに・・・



「後生だから無事でいてくれ」

ゴロゴロゴロゴロ

キターーーーー!!

やん!!

正直に吐いちゃう堂上教官!!

郁を心配しすぎてて可愛い!!

「止めるな!!!」でしたっけ?勘違いして小牧にキレちゃう堂上教官とか、

怒りで我を忘れてる!!
(By ナウシカ)

ハ~~~~



豪雨のテントでのシーンも良かった!!

「まず自分だろ!!」(でしたっけ)って、そんな、やだ、もう!!

乙女心鷲づかみ!!

あらためてアップで拝見すると、岡田君の、い~い感じにお歳を召された雰囲気が・・・

お顔に刻まれた趣深いシワと、貫禄のあるしかめっ面が・・・

辛抱たまらん。

心配がダダ漏れになってる男の顔、肌って最高ね!!!!

(どこ見てるんだ)



だいたい、

頭ポムッ・・・のシーンは・・・、

私めは、浅はかにもナデナデ、を想像してたのですが、

髪の毛くしゃレベルでした。

くしゃっ・・・・

て。

しぬ!!!!

何?!?!?!

なんかわしゃわしゃ揉んどるやんけ!!!!!

殺す気か!!!!!!

劇場で思わず口元を抑えたこっちの身にもなってみろ!!!!

「・・・・くぅっ・・・・」といささか嗚咽が漏れたかもしれない!!!!

萌えすぎた!!!!!!

岡田君の手の甲の毛にも萌えすぎた!!!!

ぐぉぉぉぉ~!!!!!



ラスト、安堵の余り思わず勢いで抱きしめちゃった小田原戦闘後のシーンでの「父親」のくだりでは、笑いつつも萌えさせていただいたし。

照れちゃってぇ~!!

ね!!

てっきりイッキに両思いになるかと思いきや、そうは問屋が卸さなんだ。

続編ありきじゃん!!

不器用な堂上教官の愛情はまだまだ続くのか?!じゃん!!

もっと怒られて心配されたい!!!!

教官!!

好きです!!
(どさくさ)

配役がぴったんこな榮倉奈々ちゃんがひたすら可愛くて、羨ましいを通り越して早く教官とくっついて欲しいと願いまくり候。

もっとやきもち焼いたりイライラしたりしてください!!


あーー、続編を見たいし、もう一度本作を見直しにも行きたい!!

道場での跳び蹴りのシーン、ホント笑った・・・。


個人的には手塚も小牧も柴崎も大好きなんですよねぇ~♪

サイドストーリーも原作通り膨らませて欲しいし、赤面必須のあれもこれもそれも演じて欲しい。

郁がピュアすぎてつられて堂上もピュアに。

見てるこっちもピュアに。

恐ろしい作品です・・・。






あ、ひとつ難点を挙げるとすれば、BGM、作品に合ってたしとても好きだったんですが、音量が大きすぎて劇中の台詞が聞き取れないシーンがいくつかありました。

非日常な戦闘シーンでの専門用語が飛び交うようなシーンが多々なので、それはちょっときつかった。

むーーーん・・・。




Comment

ま→らくださん | URL | 2013.05.10 00:51 | Edit
らくださん、こんばんにゃ♪
久方ぶりのコメント、ありがとうございます。私めもブログがすっかりご無沙汰ですが・・・(小声)
我らがプリンスはいま何をやってらっしゃるんでしょうか・・・
今日我が北海道はVSの放送もなかったのでお姿を拝見する事も叶わず・・・嗚呼・・・。

でででで、らくださんがダダハマり中の、堂上教官。もとい岡田君♪
いやーーーー、ほんっっと、格好良かったですね!!
原作を読んだ上で期待を損なわず面白い作品で大満足でした♪
やっぱり東京都下出身の方々は思い入れも違うんですね~。私は日野の悪夢と言われてもわりとぽかーんでしたが(笑)、自分に身近な存在として見られる心境羨ましいというか^^

でもほんと、ツンツンツンツンツンデレの瞬間には「ヒィィ!!」でございましたねww
劇場で変な汗が出ました(笑)
VさんのコンサートDVD、私めも見てみたいけどお金なくてそこまで手を回せず・・・くぅぅww
話に聞くだけでも楽しいですけども(*´ω`*)

ではでは、また♪♪
ま→Sonoさん | URL | 2013.05.10 00:44 | Edit
こんばんにゃ♪お久しぶりのコメントありがとです(*´ω`*)
いやーほんと、Twitterが気軽にできすぎて、私自身も最近じゃすっかりブログがご無沙汰です・・・(小声)
いやはや。。。

とっころで、Sonoさんたら、映画観てないのに私めの感想を読んでくださったんですか。いやん、ネタバレしちゃった?(笑)
でも、ツンデレmoeは間違いないので、迷ってるなら行っても損は無いかと(笑)ww
ほんと、岡田君の格好良さにヤラレますよ!!
マジでアクションは呆然とします。凄すぎてww

あ、タカさんとのCMはもちろん拝見した事ありますよー!でも腕に注目して見てなかった・・・ww
今度また目にしたら見てみますね(*´∀`*)
きんにく、きんにくー♪
らくだ | URL | 2013.05.07 17:50 | Edit
まっきぃさん、こんにちは♪
わたくしめもこちらではとんとお久しぶりです。
お久しぶりにこちらに出てきて、お題が「図書館戦争」って。
いいのか?さとしっく。だって、自担がとっても静かで、
有り余るmoeを持て余しているんですもの……。

そんなところへストンと落ちてきた、
「図書館戦争」に、ええ、堂上教官にだだ嵌り中です。

わたくしも、本を守るためにそこまで戦うか?
と思わないでもないですが、なにせ、「日野の悪夢」って!!
読んだ時に、マジで!日野??!!って。
私に読め!って進めてくれたリア友ちゃん!!先に言っておいて!!
(←同じ地元出身。)
確かに日野って(小さい市の割には)図書館がかなり力を入れて
整備されていて、わたくしめも子供の頃から慣れ親しんできました。
おまけに出てくる地名が東京都下出身には馴染みがありすぎて、
読み進めていると現実と虚構がごっちゃになってきて、
もう、滂沱の涙でした。

って、すっごい期待して映画を観に行きました。
もう、ね、堂上教官、ひどいーーー!!(←褒めてます)
戦闘シーンでは、ひぃ!!となり、
デレのシーンでは、ひぃぃ♪となり、
観終わって劇場から出てきたら、どっと疲れました…。
最後の、頭ポンのシーンの教官の優しいお顔ったら!!
もう、どんな岡田君を見ても、教官にしか見えません!!!
(いっこ前のVさんのツアーのDVDの岡田君のソロが超優しい
雰囲気のお歌なのですが、映画のラストシーンのような笑顔なので
もう、最近そこばっかりリピってます)

初見では、ドキドキしっぱなしだったので、
もう一回落ち着いて観たいなぁと思っております。

久々に出てきて乱文で申し訳ありません…
ではでは♪♪
Sono | URL | 2013.05.07 01:05
事務所担まっしぐらなまっきぃさん(←キャー(>_<)J事務所の陰謀に気をつけてっ!)、こちらではかなりお久しブリーフでございます♪

ツイッターなるものがあると、コメを残さずについついそっち任せにしてしまいますね(テヘペロ)
でも、相変もわらず拝見させて頂いておりますよ(`▽´ゞ

わたくしめも、周りのお友達やら番宣やらで、かなーり気になっている、図書館戦争。(しかも、V兄さんは元々岡田氏推しなわたくし)
ついにまっきぃさんも足を踏み入れたのですね!

しかーも、moe面白いとなると…

どーしよっかなー<(´△`;)>


あっ、そうそう。
まっきぃさん、岡田氏の二の腕(とくに三角筋)のゴツさにmoeておられましたね?
実は、わたくしめも岡田氏があんなゴツい腕をされてるなんてびっくりしました。
やはり、師範となると違うのですかねぇ( ´艸`)

ってな訳で(どんな訳?)、とんねるずの貴さんとご出演の『ULUOS』のCMはご覧になったことありますか?
岡田氏の腕が素敵ングなので、是非ご賞味ください(笑)m(__)m
Comment Form
公開設定

*パスワードを入力しておくとあとで編集できます。

*非公開コメントで投稿される方へ
まっきぃよりコメント返信する際にお名前を出しても良い方は、お手数ですがコメントの都度その旨をお書きください。特に記載がない場合は、コメント通しNo.宛で返信いたします。


カウンター


現在の閲覧者数:
プロフィール

まっきぃ

Author:まっきぃ

いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
ゴコイチ嵐と大野くんが大好きな
まっきぃと申します。

初めての方は【こちら】をどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
お友達ブログ
ARASHI PEOPLE
リンク
お世話になってる素材屋さん。
レゴアラシのバナー2
05A4(れごあらし)


web*citronのバナー
web*citron


*NotPのバナー
Night on the Planet


mizutamaのバナー
mizutama
マナーについて
初めての人も、ベテランさんも。
みんなが気持ちよく参加するために。
嵐すごろくのRSS
携帯サイトはこちら
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。