スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐 LIVE TOUR Popcorn 2012.12.1 感想レポ MC編

札幌公演2日目のMCです。

~ご注意ください~
会話はニュアンスでお読みください。
間違いがあったらすみませんです。
また、MCの内容的にセトリネタバレを含みますのでご注意を。

▼続き


---センターステージにて。


「イエーイ!イエーイ!イエーイ!イエーイ!
あらためましてこんばんは、僕達が嵐でーす!」

「ようこそようこそー♪」
「お願いいたします~♪」

「いやいや皆さんちょっとねぇ、いい盛り上がりなんじゃないですか?!」
「なんかあれだね、今日初めて来たって人どれくらいいるの?」
客「はーい!」←挙手する人ちらほら
「あ、結構いるね!」
「じゃあ初めてじゃないって人?」
客「はーーい!!」←こっちのが多かった


「いやー楽しいね!札幌来て今日寒いね~って言ってたらスタッフに「始まったら暑くなるんじゃないですか?」って言われたんだけど暑いじゃん!」
客「フウー!(笑)」
「相葉君が「客席から湯気出てんじゃない?」って(笑)」
客「(笑)」


「あのさ、おれこの場を借りて言いたい事があるんだけど」
「なんですか」
「いやいや、いろいろあったんだろうけどね?みんな気づいてないかもしれないんだけど、『きっと大丈夫』歌ってる時に「♪近所のお祭りも」ってところあるじゃない?そこを「♪近所の八分目」って歌ってる声がイヤホンから聞こえて来たの!」
客「(笑)」
「え、誰?!おれとニノは絶対ない」
(※はっきりと潤君が即答していて震えた瞬間)
「おれもそこ「上のほう~!」つってるから違うの」
「絶対相葉さんでしょ!気づいてないだけだって!」
「おれは意識してない!」
「え?」
「間違えてる意識してない」
「じゃあ、「♪近所の」あと、なんですか?」
「♪近所の八分目~」←さらっと歌う相葉さん
嵐「おまえだーーー!!」
客「(爆笑)」
「グループでよかったね!ソロだったらなんのこっちゃわからないよ(笑)」

「いやさ、おれ『きっと大丈夫』の時笑っちゃって、『駆け抜けろ!』で引くぐらいの間違いしたんだよね(笑)」
(※楽しそうに笑いながら話す翔さん)
「そう!おれのシンメでなんか変な人がいたんだよね!」
「どうやって間違えたの?」
「ちょっとやってみようか」

O    N
 S  M
  A

※バクステ側を向いて相葉さんを先頭にV字フォーメーションになる嵐。
誰かが(翔さん?)サビ前の部分を口ずさみながらカウントを取り、Aから順に、SM、ONと3段階で腰を折って屈みこみ、顔を伏せるような振付を実演

「まぁこうなるじゃん?でも実際はね、こうやってやる(順番に腰を折る)はずが・・・」

※翔さんがワンカウント早く相葉さんと一緒に腰を折ってしまう間違いを実演

「おれ相葉君と同じタイミングでやっちゃったんだよね!」
客「(笑)」
「そうなんだよ!気づいたらおれひとりでさ!(笑)」
「問題は、これ松潤が間違ってると思われるとこなんだよね!(笑)」
「人間、数が多い方が合ってると思っちゃうからね・・・(笑)」
客「(笑)」



「昨日はお寿司を食べに行ったんだよね」
客「キャー!!」
「なに、お寿司ファンの人がいるの?(笑)」
「私のお寿司屋!みたいな?(笑)」
客「(笑)」
「でさ、ご飯食べてホテル帰ったら松本さんがJr.とイントロクイズやってたそうじゃないですか」
「廊下で江田、林、りゅうせいとすれ違ったら「よし、潤君飲みましょう!」って言われて。いやいやおれ今からさっきのコンサートのビデオ見るから忙しいって断ったのね」
客「おお~♪」←さすが潤君!のテイで
「ニノは部屋でゲームやってるから行きなよって言って」
「決めつけが凄いんだよこの人!(笑)おれはもう帰ってゲームをやるって決めている!ひとりで。(テレビに配線とか)セットしている!
でマネージャーに物を頼んでたから部屋の鍵開けっぱなしだったの。そしたら、Jがドン!(って入って来て)「この人だったら飲めるよ!」
ええっ?!って(笑)」
←終始高音ボイスで
客「(笑)」
「おれら(Jr.)が(ゲーム)手伝いますよ!」って言って来て。おれ一人でやりたいのに!(笑)」
客「(笑)」
「何時?」
「3時くらい?までかな」
「結構だね(笑)」
「12時ぐらいに帰ったじゃん。それからビデオ丸々見てたから3時間」
客「えええ!!」←←さすが潤君!のテイ再び
「その間、全然(Jr.と)会話ないの(笑)」
「最終的におれの部屋に6人くらい連れて来て「ニノ、イントロクイズやろう!」って(笑)」

「なんでイントロクイズだったの?(笑)」
「Jr.と話してた時に、なんかおれがイントロクイズ強いって話になって。6人くらい居たんだけど、最初は3人しか居なかったの。リーダーの部屋で飲んでたんだっけ?」
「野田っちと、こうたと、池田。なんか渡したい物があるって言われて。で、おれの部屋来て、誕生日プレゼントもらった。ほんで飲んでた」
(※なんていい子達なんだ・・・!と思った瞬間)
「そういう時さ、大野さんは(Jr.と)何を話すの?」
「我々はイントロクイズだからね」

※この辺りでメインステに向かう外周花道を歩いて移動を開始する嵐

「何話すの?」
「なんか「釣り連れてってくださいよ~」みたいな・・・」
「それで2時間持ちます?!(笑)」
「持たなくない?!(笑)」
「やつらはしつこいんだよ!!」(※口調強めに)←おい(笑)
「たかってくるのか」
「プレゼントもらったんだから(笑)」
「「焼肉連れてってくださいよ~」って」
「リーダー連れてった事あるの?」
「ないね!」←即答w
客「(笑)」
「タイミングとかあったら・・・」←ごにょごにょしてる
「東京帰ったら連れてってあげてくださいね(笑)」


「で、イントロクイズはどうなったの?」
「リーダーの部屋に居た3人が合流して6人でニノの部屋でイントロクイズしたよ」
「そういう時って何でやるの?家庭用の装置があるの?」
「携帯だよ」
「曲は?嵐?」
「嵐、KinKi Kids、V6・・・」
(※「黄金期ー!」と心の中で叫びました私)
「ジャニーズ縛りって事ね。結果は誰勝ったの?」
「Jじゃない?Jが「おれはKinKiなら負けない!」つってすぐ間違えてました。「君は泣いて強くなる!」「違います!」ってなったけど(笑)」
客「(笑)」
「で、ニノの部屋にJr.残して帰った(笑)」
「そのあと、Jr.が「片付けます!」って言うんだけど「もういい、もう帰れ!!」(※高音ボイス)」
客「(笑)」

「ツアー5カ所中まだ2カ所目だから(こういうJr.との交流が)まだあるんじゃない?」
「去年クリスマスプレゼントもらったな」
「サンタとトナカイの格好してね」
「あれ(Jr.が)みんな気にしてたよ。その後どうなったかなって。相葉さん何もらったか覚えてる?」
「トナカイの被り物かな?」←えっ
「それあの子達が被ってただけだから!」
客「(笑)」
「おれはミスチルのCDをもらいました。でミスチルのイントロクイズから始まったの。結構聞いてたよ」
「聞いてんのかほんとにって思ってるだろうから嬉しいね」
「翔さんは何もらったの?」
「おれは・・・付箋!高かったと思うよ。凄い使ってる。ニノは?」
「おれは・・・マリオカートのハンドルです」
客「ああ~」←という反応w
「これで覚えてなかったらショックだよ~」
「大野さんも。思い出せます?」
「・・・・」
「おれ覚えてねーんだけど・・・」←小声

※ここで潤君とニノが着替えるためハケる

「あ、正解知ってる人なのに着替えに行っちゃった(笑)」
「いやいやいや。どうぞどうぞ」
「いやおれも着替えに行きたいんだけど二人居ても(MCが)心配なだけだし。いいの?」
「いいの?(笑)」
「みんな優しくね!!」←客席に向かって
客「(笑)」

※翔さんハケる
※メインステ中央で残された天然さん達。肩を寄せ合ってこそこそ話・・・
(以下、小声でぶつぶつと繰り広げられます。笑)

「おれマジ覚えてないんだよ・・・」
「なんかハロウィンの時コンコン!つって「なんかください!」って言われて、おごって・・・」
「そうそう、おれ有り金なくなった記憶しかない」
「・・・・・・もらってないんじゃない?」
「もらってます!!」←裏から大声で(笑)
「いや~・・・・、考えよう・・・」

※メインステ中央の階段に座り出す天然コンビ

「あの時忙しかったから記憶がね・・・」
「入浴剤かな?」
「それおれじゃないか?」
客「(笑)」

※ここでニノちゃん登場。Jr.を連れてやって来る

「相葉さん可能性あるやつ挙げなさいよ」
「こうた、おれさー、入浴剤か健康グッズってあった?」
こうた「ないっす」
客「(笑)」

※潤君、翔さん登場。さらにJr.を二人連れてくる

「はーい、こっちでーす!二人に何あげたか覚えてる?」
Jr.「ハイ覚えてます」
(※ごめんなさい、私はJr.の名前と顔が一致しないので誰が誰だか)
「あげたんだもん覚えてるよね。大野さんにはこれ、相葉さんにはこれつって選んでくれたんだよね?」
「それで昨日は、今年はどうしようかなって悩んでたんだよ?」
「・・・・」
「・・・・」
(言葉なく青ざめている相葉さんと大野君。笑)

「はい二人にラストチャンス!」
「もらったのは?」
「魚図鑑!!」←大声で
「・・・正解は?」
Jr.「色鉛筆です・・・」
「え?マジで?」
「記憶にある?」
「あーー、あります」←棒読み
「なんで逆ギレしてんの!(笑)」
「(Jr.達が)「大野さん最近水墨じゃねぇかな」って水性色鉛筆選んで・・・あ、違う、水彩だ!(笑)」
「びっくりした!水墨ってもう達人じゃないの!(笑)」
客「(笑)」
「反省します」
Jr.「してください」←苦笑しながら
「おれ着替えてきます」

※大野君ハケる

「じゃ相葉さんの正解いってみよう」
「あれ、お前答え知ってるの?」
(※まだステージ上にいるこうた君に向かって)
こうた「知りません」
「なんでいるんだ!帰れ!!(笑)」←高音ボイス
客「(笑)」

※こうた君もハケる(笑)

「とりあえず謝って」
「焼き肉連れてったやつだよな?」
「そういう話じゃないだろ!(笑)」
「うわっ、"先輩"出すな~!おそろしー!!(笑)」
客「(笑)」
「違う違う、ごめん!あっ、マフラー?!」←さもひらめいたように
「不正解です。・・・もう答え言っちゃおうか」
Jr.「ワインです」
「相葉さん、それ「一緒に飲もうぜ!」つって飲んだらしいですよ」
「・・・飲んだな!」←合点がいった様子
客「(笑)」
「はい、じゃ反省してルネッサンスで帰ってください」
「ほんとにみんなごめん・・・ルネッサーンス!」
客「(シーーーン・・・)」
「あー滑った~!」

※相葉さんハケる


「じゃあ二宮さんお知らせお願いします」
「3月16日に映画『プラチナデータ』が公開します。よろしくお願いします」
客「(拍手)」
「面白そうだよね!」
「ぜひ来てください。完成披露試写会とかあると思うんで」
「えっ呼んでもらえるんですか?」←嬉しそうなJ
「嵐が来てくれたら宣伝になりますから!」←大声で
客「(爆笑)」
「やらしいな(笑)」

「じゃ、松潤!」
「先日撮り終わったばっかりなんですが、1月3日に『ラッキーセブン』のSPがあります」
客「(拍手)」
「で、おれが・・・去年の夏くらいかな?撮ったの。映画『謎解きはディナーのあとで』があります。紅白やらせてもらってからの3日でラッキーセブンなんだ。立て続けだね」
客「(拍手)」
(※とここで、潤君が客席に向かって、)
「年末年始ハードディスク忙しいですよ~!容量空けといてね!(笑)」←眩しい笑顔で
(※潤君が我々ヲタの動向をご存知!ヒィィ)

「んで相葉さん」

※いつの間にか着替え終わって戻ってきている相葉さん

「はい1月からドラマ始まります『ラストホープ』です!」
「火曜?」
「9時!」
「どんなドラマなの?」
「メディカルサスペンスエンターテイメント?です!!」←棒読み
「なんか難しいな(笑)」


「次の曲も大野君の振付した曲なんですよね?」
「なんかお伝えしたい事あります?」
「そっすね。いろんなジャンルを取り入れてるので、新しいジャンルのダンスを見てもらえたら」
「待って、新しいジャンルって見ててわかるの?」
「わかります」←やけにきっぱりと

「じゃあ後半戦も盛り上がって行くぞー!」
客「イエーイ!」
「イエーイ!」
客「イエーイ!」
「イエーイ!」
客「イエーイ!」

Comment

ま→No.11380の非コメ様 | URL | 2012.12.11 10:06 | Edit
コメントおかまいなくとの事でしたがお返事です。えへへ^^

V字説明のところ、ご指摘ありがとうございます!またやっちまってましたね私(笑)
即座に直すことができて助かりました♪
いつもありがとうございます♪

そちらも寒いとの事、風邪など召さぬようお気を付けくださいね♪
- | | 2012.12.10 10:54
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

*パスワードを入力しておくとあとで編集できます。

*非公開コメントで投稿される方へ
まっきぃよりコメント返信する際にお名前を出しても良い方は、お手数ですがコメントの都度その旨をお書きください。特に記載がない場合は、コメント通しNo.宛で返信いたします。


カウンター


現在の閲覧者数:
プロフィール

まっきぃ

Author:まっきぃ

いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
ゴコイチ嵐と大野くんが大好きな
まっきぃと申します。

初めての方は【こちら】をどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
お友達ブログ
ARASHI PEOPLE
リンク
お世話になってる素材屋さん。
レゴアラシのバナー2
05A4(れごあらし)


web*citronのバナー
web*citron


*NotPのバナー
Night on the Planet


mizutamaのバナー
mizutama
マナーについて
初めての人も、ベテランさんも。
みんなが気持ちよく参加するために。
嵐すごろくのRSS
携帯サイトはこちら
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。