スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鍵のかかった部屋』最終回 ちょろっと感想

Hey, Yo!
ここに来てまた『Face Down』の熱が上がって、Mステをリピリピしまくりなまっきぃでございます。
ハーーー格好いい

今日は『鍵部屋』の感想でも♪
▼鍵のかかった部屋 6/25放送


いやーーー何が良かったってやっぱ脚本ですね!
お見事!!
最後まで息をのむ展開で、原作を知っているのに毎度TV画面に釘付けになる面白さでした。

結局榎本径って何者なの?泥棒なの?というニュアンスを残したまま終わるとは・・・
天才か!!(笑)


いえね、原作では榎本径さんはがっつり泥棒として描写されてるワケですよ。純子に対してははっきりと正体を明かしたりはしないものの、特別隠してもいない。その微妙なバランス感をドラマでどう表現するのかな~って思ってたんです。
で・いざドラマが始まってみると、榎本の泥棒感(こんな日本語はない。笑)はぬるっと隠されていて。

ああなるほど、テレビドラマだし、月9だし、やはりそこは隠す方向性なのね?と思っていたら・・・
最終回!
してやられました!!(ぺしっと膝打ち)

結局、径はダイヤ一億円分を盗んで高飛びしたって事ですモンね?
そんで海外に行って売りさばくんでしょうきっと。
そんでほとぼりが冷めた頃ひょっこり日本に戻ってくるんじゃないのかなァ・・・
何食わぬ顔で。

でもそれはあくまでも想像の範囲であって。
ドラマでは最後まではっきりと径の正体を表現しなかった演出が、これまた、視聴者を惹きつけるウマイ手法だったのだと推察します。
っかー!
母ちゃん!水割り持ってきて!!(おっさんか)


で、最終回がああいう終わり方をした事により、これまでの数々のハテナがまた謎めいてきて・・・

第5話(でしたっけ)で屋上の扉?を開けるようなあのシーンは今回に繋がる伏線だったのか? とか・・・

そういや芹沢先生の腕時計コレクションも盗まれてたよね? とか・・・

美術館に忍び込んで警察にマークされた事をみると、確固たる証拠がないだけで、少なくとも美術館に忍び込んで窃盗を行ったのは径なんでしょうね。
でも美術館のくだりで、「セキュリティを強化する前にいつも榎本が現れる」とハゲコウが言ってましたから、推察するに芹沢先生の腕時計も径の仕業なんでしょうな・・・

なんて奴だ・・・!!


中盤で見せた、純子に対する恋心?のような心の揺れ具合も・・・
すべては最終目的である、"盗み"のため?

純子や芹沢に心を開きかけた様子だったのも・・・
計算尽くした上で、

彼らを利用したのだとしたら・・・

ギャオーーース!
こわいこわいこわいこわい、径さん怖い!!!!!



・・・最終回でゲスト(真犯人)になった玉木宏さんの話を少しします。

私、むか~し、玉木宏が好きだった時代が地味~~にありまして(笑)
いまのような路線とは違い、爽やかさ一本で売ってらした頃。CDデビュー(2004年)の折には札幌にもイベントに来てくれたので、アピアの水の広場(ローカル)まで握手会を見に行ったものです。
いや~~爽やかで格好良かった

いわば元彼です。(真顔)

その彼が、今彼(大野君)と対決してる!!!(真顔)

と、ひとりテレビ画面を見てコーフンしておりました。

(ハイ殴らないでくださいよォ~)



玉木宏の身長は180cm。
大野君は166cm。

真相をあばくシーン。
玉木宏が清掃員で、モップを手にひとりもくもくと掃除をしていると、大野君扮する榎本径が登場するあのシーン。

いやァ、鳥肌が立ちました。
この迫力、ナンだろう?!?!

大野君は決して背は高くないけれど。むしろ、ちんまりしてて可愛いのだけど。
榎本径が憑依しているかのような演技の前では、体型の小ささはまったくマイナスにならなかった。
榎本径が持つ"不気味な怖さ"を表現してらっしゃいました。
まさに神懸かり。

この時の演出も最高。ゆるりとカメラを静かに回し・・・
全話、ウルサイくらいに強く印象に残るBGMも(注:褒めてます)、ココでは一切かける事はせず、緊迫した雰囲気を重視されてましたね。

役者二人の、間の取り方、息づかい、声量。
わずかに変化していく顔の表情。
すべてが最高だった。
最高でした。



小説『硝子のハンマー』の原作では、「盗みは良くても、殺したら終わりなんだよ」という、泥棒たる榎本径の、ある種の線引きがあります。

私、この台詞(想い)が好きなんですが(作品としてね)、この台詞は最終回では使われませんでしたね。
でもドラマはこれで良かったのかも。

「それでガラスは越えられたんですか?
復讐を果たしダイヤを手に入れて、あなたは解放されたんですか?

僕にはそうは見えません。
前後左右。それから上下までガラスに囲まれているように見えます。

僕はガラスの箱に閉じ込められるのはごめんです。
たとえ向こう側に行けないとしても、自由でいたいんです。」


ゴロゴロゴロゴロ
(まっきぃの優しい解説:血泡を吹いて倒れ転がっています)

榎本径の生き様を、強い意志を含み持たせた、かんっぺきな台詞でした。
マジで脚本家さん、あっぱれ・・・!!!!!

そして見事演技して魅せてくれた、大野君、玉木宏さんがあっぱれ・・・!!!!


ここまで完璧な展開だと、もう、これで作品が終わってしまっていいのではないかとも思ったり。
でも榎本径とお別れは淋しいと思ったり。

ファンは複雑ですね・・・
頭コツン☆



ちなみに最終回で私が一番好きだったシーンは♪

ドドン♪

「ありました。隠し扉です」

のシーン♪
捻った首の角度、見えそで見えないお顔、艶やかな声音。

っくぅ~、隠し扉になりたい

ブハハハハハハハ

Comment

ま→No.10972の非コメ様 | URL | 2012.07.08 19:21 | Edit
こんばんは~!ワク学でお会いして以来ですね♪

私もTVドラマののだめ、ちらちら見ておりました。千秋先輩の爽やかさもよかったですが、私も佐藤役さすがだと思います。精悍な顔つきになられたので髭もよくお似合いでしたね♪きゃっこいー!(笑)

あ、非コメ様24時間Tシャツ無事に買えたのですね。よかったですー!(*´ω`*)
ま→さとかさん | URL | 2012.07.08 19:14 | Edit
こんばんワイハー!お返事遅くなってすみまへん!!

鍵部屋最終回から早幾歳・・・(おおげさw)原作はもう読まれました?
男らしい径さんも見てみたかったのですが、鍵ヲタクの径さんもたまらなかったですね♪
引き出しまだまだありそうな大野君に全力ではげどです!(*´ω`*)
ま→ぱぷあさん | URL | 2012.07.04 12:43 | Edit
ぱぷあさ~~ん!
泣かないで~!(つω⊂)

とは言え、スパッと、本当にスパッと榎本ビジュとさよならしましたね大野君・・・
相変わらず何事も頓着しない方だなぁとしみじみしております私です。刈り上げもいいけど、もうちょっと浸らせてくれよっ!つって(笑)ww
あ、続編の場合、私も貴志先生のトリックを希望です。やっぱりオリジナルがあってこそかな~と思います。
でも、いまのところ(原作のほうの)新作はなさそうだし・・・どうなるんだろう・・・

鍵部屋が終わってからのFace Down、あらためて聞き込むと世界観いいですよね~(*´ω`*)
ま→Sonoさん | URL | 2012.07.04 12:39 | Edit
こんにちは、Sonoさん^^
お元気ですか?月9が終わって腑抜けになってやしませんか?!だいじょうぶ?!(笑)

続編は・・・どうなんでしょうね~。制作サイドはわりとやる気なのかなぁ・・・見たいような見たくないような。本当に迷います。径さんには会いたいし・・・(*´ω`*)くぅぅw

私は、続編が来るなら、口の悪い径さんも見てみたいかな。
原作だと、もうちょっとガラが悪いんですよ。「ちくしょう。~しやがって・・・」みたいな事言うんですww
ビリヤードももちろんみたい~ん!!

ってか、ビジュリターンズ!(まがお)
ま→Beckさん | URL | 2012.07.04 12:30 | Edit
こんにちは~!返事が遅れまして申し訳ありません!
毎度更新を楽しみにしてくださってありがtmknです♪

鍵部屋、すっきりした終わり方でしたね^^私も良くも悪くも拍子抜けというか。
もっとモヤモヤするかと思いきや清々しさすら漂ってます(笑)

そういや、ビリヤードのシーンありませんでしたねぇ。
大野君のあの麗しいおててで玉突きなんぞされたら、即死のキケンがありますが・・・(*´ω`*)
他にも、ブルーベリージュースやバーボン(でしたっけ?)を飲むシーンなんかも見てみたかったなぁ・・・w
- | | 2012.07.02 00:18
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ま→chimさん | URL | 2012.07.01 22:14 | Edit
なんとまた、ねっとりした感想を・・・!!(笑)
コメントありがとうございます!!!(ビシィ

なるほど、成瀬先生みたいに伝説化・・・!(ぺしっと膝打ち)
私もかなりこれは複雑です。かなりテレビドラマとして理想の・・・完璧な形で終焉を迎えました。
はたしてこれは続編を望むべきか・・・ううむ・・・
でも径さんには会いたいし・・・ううむ・・・w

ところで、いま思えばハゲコウとの関係はちょっぴり淋しかったですね。
原作ではギブアンドテイクな、持ちつ持たれつなところが・・・
荒々しい態度や仕草でハゲコウと接する男らしい径さんがとても好きだったのですが、それが無かった・・・
まぁテレビドラマに合わせたキャラで、径さんは確立されてましたものね。

あ、続編で、言ってもらいたかった台詞を言ってもらうというセンもあるなぁ・・・・ううむw
ま→No.10953の非コメ様 | URL | 2012.07.01 22:06 | Edit
やはり非コメ様も、あの台詞(想い)のところお好きですか!
あそこは原作のいっちばんいいシーンですよね~。ドラマでは無かったけど私は満足してます^^
ただいま思い返せば、ハゲコウとのやりとりがちょっと淋しかったかな?
あからさまに敵対心むき出しでしたものね~。

ところで大野君、見事に刈り上がってしまいましたねぇ~(苦笑)
まァなんでも好きなのですがww(結局w)
ま→もかさん | URL | 2012.07.01 21:56 | Edit
早いもので鍵部屋が終わってもう1週間になろうとしています・・・
頭がボーッとします。気が緩んで(笑)

芹沢さんの腕時計は・・・さすがに違うんでしょうかねぇ?
確かに、素人っぽい盗み方というもかさんのご意見に「なるほど!」と思いましたです。
自分で盗んでおいて窃盗被害の検証をしらっとしてたとしたら怖すぎますものねぇ径さん・・・。

腕時計はともかく・・・正体が怪しい感じがとってもゾクゾクしましたね~。
もう径さんに会えないと思うと寂しい夏の夜です・・・。
さとか | URL | 2012.06.30 21:21 | Edit
まっきぃちゃん、こんばんワイハー♪

いやぁ、痺れましたな。
径さんの最後の笑みが。
あのラストカット、思わずスタンディングオベーション!パチパチパチパチ!
ほんまに素晴らしかった!

玉木さんと最後に対決するシーン、まっきぃちゃんにはげど!!!
ライブん時も感じることあるけど、あの人オーラとゆうか、おっきく見える。
なに背負ってんの?ってぐらい大きい。
大野智…まだまだ引き出しありそうやね。

きっと径さんは、香港かマカオあたりでダイヤ換金して、変な錠探して、小籠包とか美味しいもん食べてるの?それとも、シンガポールで影山の謎解き手伝ってるの?と勝手な妄想を繰り広げておる!

径さん、お帰りはいつ?
羽田までお迎えにあがりますよ♪(笑)

ちなみに、原作今から読む!
ぱぷあ | URL | 2012.06.30 17:03 | Edit
。。。しょぼぉん。(つω⊂)

まっきぃさん、こんにちは。

ドラマ出演が発表になってから、
どれだけ鍵部屋を楽しみに生きていたのかっていう話です。
うう。。。

それにしてもまっきぃさん、深く読んでいますね!
私は原作をまだ読んでいないので、
榎本さんという人が、まだまだ理解できていないようです。

最後の、あの榎本さんの顔を見るまでは、
あのタレこみ電話さえ無ければ。
警察に連れて行かれることも無く。
榎本さんは逃げる必要も無く。
これからもずっとあの3人で居られたのに。
せっかく青砥さんに心を開きかけてたのに。。。
と、なんとなく切なく見てましたが、
あの最後の笑顔で、そんな甘い人じゃなかった!
と気づき、なぜかど~んと落ち込み。。。

あと、大野くんの榎本スタイルが本当に大好きだったので、
彼のことだから、終わったらスパッと変わるんだろうなと、
そのあたりも心配で、さらに深く落ち込み。。。

終わってしまったことはとても悲しいですが、
私は”続編は無くても良い”派です。
もし続編をやるなら、少なくとも原作者の方が書いた
トリックでやって欲しいです。
オリジナルに走り出すと、よくあるパターンだと、
なんかクオリティが。。。下がっ…(ぼそ)

終わって初めて知りましたが、FaceDownの歌詞って榎本さんそのものなのですね。
それを踏まえてFaceDownを聞けば、いつでも鍵部屋の世界に行ける!
これはもう伝説のドラマにしようよ!と思うのであります。
Sono | URL | 2012.06.27 23:57
まっきぃさん、こんばんは(^-^)

終わってしまいましたねぇ…(ショボン)
これから、何を楽しみに月曜日を迎えればいいのか…(遠い目)

続編や映画化の噂(というより、予想?)があったり、大野さん自身も「いったんお別れ」と意味深発言してたり(本人はそんなつもりは毛頭ないかも知れませんが)…。
どうなんでしょうかね。

このまま謎に包まれていた方が…と思う反面、ひよっこり戻って来て、原作と同じ防犯コンサルタントを名乗り、再びあのお二人とタッグを組んじゃえ!とか思ったりしています。

で、泥棒疑惑も原作同様疑惑のまま突き進んでくれたらなぁなんて。
加えて、原作のクール感をプラスして怪しい素敵ング榎本カムバーック!

スマートにビリヤードをし、軽やかな身のこなしがスクリーンにドドンと出た日には…白目鼻血吐血マーライオンでしぼうですね。

榎本ビジュリターンズ!
(←私的希望)
Beck | URL | 2012.06.27 00:07

まっきぃさん、こんばんは!
久し振りのコメントです。毎度楽しみに拝見しております!(毎回言ってますが(笑)

鍵部屋...終わってしまいましたねぇ。最終回を見るまでは、SP!!映画化!!と勝手に期待して、終わったらさぞかしもぬけの殻になるであろうと思っていたのですが、あの結末に満足したので意外とスッキリしてます。とはいえ来るなら来るでもちろん受け入れ体制バッチリですけどね♪

本当に、原作を読んでいても楽しめる脚本で、OPのヒントも凝っていたり、いろいろと見ている側に想像させる最後...と期待以上に面白いドラマでした☆

ただ一つだけ、ビリヤードのシーンが見たかったなぁ...と。

BOXの特典映像も今から楽しみですね!

chim | URL | 2012.06.26 21:24 | Edit
まっきぃしゃん!こんばんは!
こちらではホントにホントにお久しぶりでございます(ぺこり)
今回はどうしてもコメントしたい!と思い、おじゃましました^^

鍵部屋…終わっちゃいましたね~。
原作とはちょっと違う径くんや純子のキャラも、オリジナルキャラの芹沢センセも、ストーリー展開も、よく出来てると思ったし、毎回なんらかのmoeポイントもあり(大事)、最初から満足できるドラマではありました。

でも…
やっぱりわたしは原作の、「超絶うさんくさいのに、なぜか魅力的な」径くんのキャラクターが好きだったので、
ドラマの中の、正義の味方っぽい径くんの立ち位置には、ちょっぴり物足りなさを感じていたんです。

それが!あのラストで完全に払拭されました!
利用されてるふりして、利用してた。
閉じ込められてるふりして、「閉じ込められてるのはお前らだ」と嘲笑ってた。
痺れます…!

主人公が泥棒ということを仄めかす結末には賛否両論あると思いますが、
月9という枠ではかなり斬新な選択だったと思いますし、
「大泥棒だけどにくめない」設定はルパンにも通じる痛快さで、
個人的には理想的なラストだったと思います。
なので、続編は必ずしも望んでいません。
成瀬先生みたいに、もう会えない存在として伝説になるのもいいかなと。

ただ、わたしも原作の「硝子のハンマー」で一番好きなエピソードは、
径くんの「盗みはしても殺しは絶対してはいけない」という信念を犯人に激しくぶつけるシーンなので、
それを何らかの形で表してほしかったな、とは思います。
でも最終話まで本性を明かさないという展開ではそれは難しかったでしょうし、
まっきぃしゃんのおっしゃるとおり、あれでよかったのかもしれませんね。

興奮して久々に長く語っちゃいました~キャハ~☆ごめんなさい。
とにかく、最後の最後で、大好きなドラマになりました。
またいつか、じっくり語りましょう、径くんについて^^
ではでは、また♪





- | | 2012.06.26 16:02
このコメントは管理人のみ閲覧できます
もか | URL | 2012.06.26 14:13 | Edit
クライマックスの対峙シーン、息を止めて見ていたので、苦しくてゲホゲホした・・・私はアホです。

今彼、元彼って・・・そりゃ最高ですね(^∀^)

芹沢さんの時計を盗んだのは、榎本さんじゃないと思います。
あんな、ガラスを切るなんて素人っぽい盗み方しないかな?と。やるならガッツリ正面から入ってサッと出てっちゃうんじゃ♪

ただ、まっきぃさんの
「彼らを利用」
にはゾッとしました。
そうだったら・・・怖いぃーー。

Comment Form
公開設定

*パスワードを入力しておくとあとで編集できます。

*非公開コメントで投稿される方へ
まっきぃよりコメント返信する際にお名前を出しても良い方は、お手数ですがコメントの都度その旨をお書きください。特に記載がない場合は、コメント通しNo.宛で返信いたします。


カウンター


現在の閲覧者数:
プロフィール

まっきぃ

Author:まっきぃ

いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
ゴコイチ嵐と大野くんが大好きな
まっきぃと申します。

初めての方は【こちら】をどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
お友達ブログ
ARASHI PEOPLE
リンク
お世話になってる素材屋さん。
レゴアラシのバナー2
05A4(れごあらし)


web*citronのバナー
web*citron


*NotPのバナー
Night on the Planet


mizutamaのバナー
mizutama
マナーについて
初めての人も、ベテランさんも。
みんなが気持ちよく参加するために。
嵐すごろくのRSS
携帯サイトはこちら
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。