スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のワクワク学校 2011/6/25(3限目) 東京ドーム感想レポ その6 前編

集中投下その2。
▼続き


●大野先生のモシモシ授業

始業の合図で4カット「大野智 Teacher」ドーーーン。

キターーーーーーーーー!!

青色をバックにピンでキメる大野君の格好いい事!

ヤバス!!

完全にいま私め、脳が覚醒いたしました


で・白衣を羽織った大野君、おもむろに教壇に立つの巻。

あらやだ!

私の席からだと大野君のお顔が見えにゃいっ!!


  A   N 
S       M

    O


後ろ姿だけはよく見える・・・せっかくの授業なのに先生のご尊顔を拝せないだなんて。

くそう。

まァいっか♪

四方モニターではお顔がドドンと映るし・・・

トロットロな舌足らずボイスはよぅく聞こえるしいっか♪

・・・ここ東京ドームではやたらとマイクのエコーが強くって、時々何を言っているかわからなくなりそうですが、ノンノンノン。

大野君の極小ビューティフルボイスを聞き取ることにかけては慣れているから平気♪

時々反響によりボワワ~ンとなっても平気♪

ぐへ



さて、大野君の授業は相手に思いを伝える大切さを学ぶというもの。

まず、「会場内45,000人の中から無作為に選ばれた一人が携帯電話で僕とお話します」という内容を大野君御自らがご説明。

え?

ぱーどん???

ちょ、待ってよ!!

(---悲しい勘違い開始---)

私め、思いっきり(自分の携帯電話の)電源をOFFにしてますけれど?!

皆様は違うの?!

どうしよう・・・このままでは来るものも来ないっ・・・

今すぐ電源をスイッチONしたい!!

熱く握りしめるコブシ。

額に流れる汗。

嗚呼ーーー、もう間に合わない、大野君たらお手々に持った携帯電話をピッポッパッと・・・

(暗転)

トゥルルルルルル・・・

トゥルルルルルル・・・

トゥルルルルルル・・・(しばし鳴り響くコール音)

(ゴクンと唾をのむ私)

・・・ピッ(着信切れた)

バクステ側の席にスポットライトがドドン!

(!!)←全サトシックの気持ち

大野先生:もしもし? 当たったよ~。(ふにゃ)

客席大歓声!!

ゴロゴロゴロゴロ
(まっきぃの優しい解説:悶え転がっています)


なんと優しい声音っ・・・(白目)

電話越し・・・否、マイク越しに聞けるだけでなんて幸せ!!

どうやら携帯電話は事の直前にスタッフから手渡される専用の物のようで、電源OFFがどーたらこーたらなんて甚だ関係ナッシング。

(---勘違い終了---)


バクステ側1階席で見事当選されたのは、学生さん(10代後半~20代前半)とおぼしき女の子。

大野君が「名前はなんて言うの?」と語りかけると「○○○○○○です。」と丁寧に答えてらしたのですが「え?○○○さん?」みたいに思いっきり聞き間違える大野君

確かにマイクのエコーが強めなのと反響するのとで聞き取りにくいっちゃにくいんですが、「そんな名字ないだろ~よ」と胸中でツッコミつつ「可愛いなァ大野君は♪」とノッケからでへでへする私。


そして大野君がおもむろに「嵐の中で一番好きなのは誰ですか?」と質問し、これに対して女の子がきっぱりと「大野君です。」と即答。

ワカルー!!(@ウマイー)

胸中で(エア)ガッツポーズをしたサトシックは私だけじゃあるまい・・・

全力で同意です

大野君ファンの子が当たるなんて幸せ♪

大野君も「僕のファンということで・・・」とニヤリとどや顔をしてらっしゃいました。

ウケるー♪


と言うかですね、この女の子が礼儀正しく奥ゆかしく、しかし物事を臆面無く答えられる子で、とても素晴らしかったんです。

・・・だって皆様、考えてもみてくださいよ。

我らがプリンス大野君と電話で繋がっちゃうんですよ?

しかも語りかけられて。 受け答えして。

あまつさえ目が合うという奇跡。

・・・大野君に見つめられるなんて、

超絶なるファンタジー。

なんたる・・・!!

私だったら、貧血になるか、白目を剥くか、泡を吹くか、めっちゃキョドるか、もしくはぐへぐへとHENTAIの限りを尽くしてニヤけるかのどれかですよ。

そんな痴態を晒すワケにはいかない。

当たらなくて良かった・・・(←かすりもしてないのに)



当たった携帯電話には嵐學の校章がシールで貼られていて、待ち受け画面設定にもされているとの事。

それをプレゼントします、と大野君から説明を受けてどよめく客席。

本当に良かったですねぇ~♪



さて、もしもしトークを終えた後は、授業形式に再び戻ります。

そもそも電話でよく口にする「もしもし」とはいつから始まったのか?というくだりで二宮君を指名するんですが、

大野先生:二宮君!
和:え、なんて答えるの?・・・・何時代? 少女時代?

ネタを振られて少女時代の振り付けを踊り出す大野君。

ふぉぉぉぉ・・・!!

いつぞやの『VS』(ご参照ください)で踊っていたものをそのまま・・・というテイなんでしょうが、もう記憶に薄いのか、かなり適当ちっくな踊りで歌詞もねつ造する大野君。

「ぶっちゃ、ぶっちゃ、気ーになる おっおっおっおっお~・・・てやめ~い!!」

しかもノリツッコミ

大爆笑♪

この少女時代ダンス、後のくだりでも何度か出て来たのですが(二宮君に振られて仕方なく踊るテイ。「何時代ですか?」「明治時代☆」(←なぜかアイーンのポーズ))、いずれもダンスの名残と言うに近かったものの、もうもうもう、超絶に可愛かった!!

しかも歌詞が「ぶっちゃ」てあーた。

多分「メッチャ!メッチャ!気ニナル」のところだと思うのですが、これ元々、韓国語じゃなくて日本語ですのに・・・

可愛さMAX!

殺す気か・・・(白目)



話を元に戻します。

「もしもし」を使い始めたのは明治時代からだそうで、電話はそもそもお金持ちの人たちしか使えないものだった。

当時は「おいおい」に「はい、ようござんす」という受け答えだったのが、電話交換手の人が失礼のない取り次ぎをするために「申し上げます」から「申し申し」に派生して「もしもし」になった・・・との事。

四方モニタに流れる説明VTRを参照しつつ、軽快な口調で説明してくださる大野先生。

じぃぃぃん・・・

わかりやすい・・・

大野君の授業がめっちゃわかりやすい・・・

ぺしっと膝打ち♪



さて、実際に繋がってみようという事で、会場にいるみんなで手を繋げてみよう、と呼び掛ける大野君。

客席の隣の人同士で手を繋ぐんですが・・・その間、手持ちぶさたなのかステージ上でおのおの勝手に踊り出す4名様。

それを見て大野君、

「おーいおまえら! クラシックダンスみたいのやめろぉ!」

とそれはそれは怪物くんちっくな舌足らず超でストップをかけてらっしゃいました。

キューーーーン


そうこうしている間に会場のみんなが手を繋ぎ終えた模様。

四方モニタに客席の映像がLIVEで映るのですが、通路を挟んで繋がろうと手を伸ばす生徒たちを見て「相当(手が)長くない?」と喜ぶ松本君。

その心意気が嬉しいんでしょうね♪

私めも客席の隣同士で手を繋ぐだなんて関ジャニ∞さんのコンサートでしかなかったので、嵐では初。

ドキドキしつつもお隣さんと手を繋ぎ合わせスタンバイ♪

すると、大野君から「いまから僕が大野光線を出しますから、受けたら手を上げてください」と説明があり「手は上げっぱなしにしておいてね」との注意も。

・・・と言うか、「大野光線てなんだ?」と首を傾げつつ、事態を見守っていると・・・

両手の指をワキワキと細かく動かして、オノレの首筋あたりをコチョコチョするという妙なダンスをスタートする大野君。

(私、ぽかーーーん)

それがまた首、肩、腕・・・というように、全身をくまなくコチョコチョワキワキする感じで、お顔はエネルギーを内面から絞り出すかのように苦悶してらっしゃるし、足下はクネクネ。

なにやらセクスィ~さも漂ってるし・・・

いったいどうしたら?!

moe!!!!(私が)

光線の排出を見守る嵐メン一同は「長ぇよっ!!」と30秒後くらいにツッコミ

嵐メン:今日の昼はススッって出てたじゃない。
大野先生:やめろ!体調にもよるんだ!(笑)←舌足らず超


で・そのくだりをもう一度繰り返した後(これまた結構長い。ずっと大野君に注目していられて私は幸せ)、なんの合図もかけ声もなしに、両腕をくの字に曲げたまま顔の横辺りまで振り上げる大野君。

「フンッ!」ちっくな表情で、お口をキュッと真一文字に結び、光線を出してるテイな大野君なのです。

「出たのか-?(笑)」と恐らく胸中で誰しもが思っていたことでしょう・・・

黄色のスポットライト(大野光線)が大野君から客席にウィィィーンと当たる演出により、ウェーブをする時の要領で客席が流れるように手を上げていきます。

バクステ側からスタートして、ぐるっと時計回りに・・・

・・・・45,000人が繋がりましたよ~!!

大野光線、当たったァ~~~♪(壊)

ええ、ええ、そりゃもう私め、満面の笑みで承りました


ちなみに、松本君が「どこから(光線を)出してるの?」を訊くと「脇」と答える大野君。

「脇?!肘じゃないの?!(笑)」と4名様から総ツッコミされるのがめっちゃ面白くてですねぇ。

大野君はふるふると首を振って「脇」と強調してらっしゃいました。

ウケるーっ♪





超絶に長くなって参りましたのでいったん切ります。


☆ ☆


【嵐のワクワク学校 2011/6/25(3限目) 東京ドーム感想レポ その7 後編】に続く♪

Comment

ま→鈴夏さん | URL | 2011.07.11 23:59 | Edit
こんばんは~!

レポ最後まで読んでくださってありがとうございます♪
少女時代を踊る(実際にはそんなに踊れてないw)大野君、めちゃくちゃ可愛かったですよ~!
脇から出てることにこだわってるテイが大爆笑でした♪
わかりずらいよーって(笑)

大野光線は本当に長くて、幸せなひとときでした・・・
うふ(*´∀`*)
鈴夏 | URL | 2011.07.10 22:19
まっきぃさん、こんばんわ。

レポの集中投下きましたね(笑)
相変わらずの臨場感たっぷりのレポありがとうです♪

大野さんの少女時代…大野さんver.が面白すぎですね(笑)
ここの歌詞日本語なのに!!
大野光線…受けたら、倒れこみそうな気がします…
ドーム全体が繋がってる感じ…いいですね(*^。^*)
そういうの(WAVEとか)大好きなので…
しかも大野さんの脇から出てる☆

そうですか…大野さんはセクシーな(ため?)光線を送ってらしたのですね。
サトシックな方々は羨ましいですね…

Comment Form
公開設定

*パスワードを入力しておくとあとで編集できます。

*非公開コメントで投稿される方へ
まっきぃよりコメント返信する際にお名前を出しても良い方は、お手数ですがコメントの都度その旨をお書きください。特に記載がない場合は、コメント通しNo.宛で返信いたします。


カウンター


現在の閲覧者数:
プロフィール

まっきぃ

Author:まっきぃ

いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
いらっしゃいませー!
ゴコイチ嵐と大野くんが大好きな
まっきぃと申します。

初めての方は【こちら】をどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
アーカイブ
カテゴリ
お友達ブログ
ARASHI PEOPLE
リンク
お世話になってる素材屋さん。
レゴアラシのバナー2
05A4(れごあらし)


web*citronのバナー
web*citron


*NotPのバナー
Night on the Planet


mizutamaのバナー
mizutama
マナーについて
初めての人も、ベテランさんも。
みんなが気持ちよく参加するために。
嵐すごろくのRSS
携帯サイトはこちら
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。